フラット35などの長期固定ローンとは?

今、注目のフラット35などの長期固定金利住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。
なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。
ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないために全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。
けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。
こうしたデータも参考にしながら、金利傾向を把握して将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、厳しい審査が待っています。
そうはいっても年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
今後、新築を購入する計画を立てている方、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、きちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。
特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。
今はどこの会社も無料で試算できるサービスが豊富で、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。
算出した数字は一つの判断基準としてとらえましょう。
不安な点などあれば、直接確認しておかないとダメですね!! 住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。

フラット35の金利を比較!損しない住宅ローンは?【おすすめ銀行は?】