住宅ローン金利が気になったら?

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
住宅ローン借り換えしたいならシミュレーションもあるのでとにかく計算してみることです!!ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。
今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですがそれよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。
何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。
けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるので返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。
とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

住宅ローン審査基準の傾向は?審査に通らない理由!【厳しくなった?】